象印スチーム加湿器の販売終了はなぜの疑問?電気代は連続運転弱で24時間1ヶ月利用でも節約できる方法

なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

なにわ地方で暮らすアラフォ子なし共働き主婦OLです。

去年の冬、あの人気スチーム加湿器、象印のポット型スチーム加湿器2.2Lを購入した。

私は、エアコンが嫌いなので、ほぼ利用することはありません。

しかも、私が住んでいるなにわ地方は、びっくりするほど寒い地域でもなく、部屋の中も極寒というわけではありませんが、乾燥はしています。

なので、エアコン以外に新しい暖房器具を購入する場合の条件は、

  • 電気代がさほど掛からない
  • 手入れが簡単
  • 潤いを与えてくれる

そして、わが家の条件にあったものが、象印のスチーム式加湿器でした。


象印のスチーム加湿器は、物凄く人気商品なのになぜか?販売終了っていう噂が飛び交わしていましたよ。

後輩OL

後輩OL

では、象印スチーム式加湿器が販売終了になる噂や電気代の節約方法について紹介しますね。

象印スチーム加湿器は人気過ぎる!販売終了なぜの疑問を解決

大変だ!象印のスチーム式加湿器が販売終了ってなってるぞ!

リーマン旦那

リーマン旦那

2021年9月1日に最新モデルとして販売されたばかりなのに、突然の販売終了ってことでパニック状態でした。

私たちが購入したのは、2021年のクリスマスシーズンだったので販売してからまだ3ヶ月しかたっていないのになぜ?で販売停止ってあり得るの?と疑問だらけ。

そんな馬鹿な!って状態で、近所のジョーシン電機に象印のスチーム式加湿器を買いに行きました。

なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

すると、在庫切れって言われました。

しかし、ヤマダ電機へ行くと購入することができましたので、確かに人気過ぎて品薄状態でしたが、販売終了ってことはありませんでした。

確かに、加湿器としては、画期的な商品で人気もありましたが、販売したばかりで終了っていうのは、違っていましたね。

象印加湿器最新モデル情報【2021年度版】

象印スチーム式加湿器は、2020年9月1日に発売され、3カ月後には、品薄状態となる大人気商品となりました。

まずは、主な性能をみてみましょう。

品番(2020年度)EE-RQ35EE-RQ50EE-DC35EE-DB50
容量(L)2.2334
カラーバリエーションホワイトホワイトホワイトホワイト
消費電力(W) 加湿時305410305410
適用床面積の目安(畳)681013
その他、象印スチーム式加湿器の特徴
  • 蒸気のスチーム式
  • お手入れが簡単
  • チャイルドロック
  • ふた開閉ロック
  • 転倒湯もれ防止構造
  • 3段階自動加湿
  • 湿度モニター
  • 入、切デュアルタイマー
  • 沸騰音軽減

やはり、人気の秘密は、手軽にお手入れができる!というのが最大の特徴ですね。


従来の加湿器のようにフィルターがありません。

ポットのような、広口容器のため水も注ぎやすく、水垢もふき取るだけ。

定期的に、クエン酸を利用してつけ置きすれば、いつまでも清潔な状態で利用することが可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

象印/加湿器用 ピカポット 30g×4包/CD-KB03K J
価格:341円(税込、送料別) (2022/9/22時点)


大好評の象印スチーム式加湿器は、2021年9月1日に最新モデルとして新たに発売されました。

主な性能です。

品番(2021年度)EE-RR35EE-RR50EE-DC35EE-DC50
容量(L)2.2334
カラーバリエーションホワイトホワイトグレー
ホワイト
グレー
ホワイト
消費電力(W) 加湿時305410305410
適用床面積の目安(畳)681013

あれ?何が変わったの?

後輩OL

後輩OL

なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

じつは、品番が変わったのと、バリエーションカラーが増えただけで、性能は変わっていません。

象印スチーム加湿器電気代はどれぐらい?

象印スチーム式加湿器は4種類2色展開で発売されています。

今回は、水量が2.2L入る電気代と3L入る電気代を比較しました。

水の容量(L)運転の強さ1時間に発生電気代(円)
2.28
3.011
※電気代は1kWh当たり27円を基に算出 参照:象印FAQ
なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

2.2Lの象印スチーム式加湿器を1ヶ月30日として24時間で利用していた場合の電気代は、およそ5,760円ですね。

また、4つの加湿器を8畳くらいの広さで利用した電気代を比較すると

加湿器の型式1時間に発生電気代(円)
スチーム式3.5~7.0
気化式0.1~0.5
超音波式0.7~1.1
ハイブリッド式1.6
なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

スチーム式加湿器は、電気代が高くなりますね。

連続運転弱なら1ヶ月24時間利用でも電気代が節約できる

象印のスチーム式加湿器は、電気代が掛かるといわれています。

これは、1日中象印のスチーム式加湿器の運転を「」で24時間つけっぱなしにすると電気代が高くなりますね。

しかし、象印のスチーム式加湿器の運転を「」にして、適切な湿度を湿度を保ち、寒さを感じたらホットカーペットを利用するなど、他の暖房器具を利用することで電気代が安くなります。

室内の適切な湿度は40〜60%です。

また、象印のスチーム式加湿器に水をプラスするときは、ぬるま湯を利用すると節約につながります。

その理由は、ぬるま湯だと、沸騰させる時間が短くなり、消費電力を抑えることができるため、電気代を節約することが可能です。

象印のスチーム式加湿器に熱湯を入れると故障の原因になりますので注意しましょう。

象印加湿器35と50だとどっちが電気代が安い

象印のスチーム式加湿器は、EE-RRシリーズとEE-DCシリーズの2種類が用意されています。

2種類の違いは、カラーバリエーションがあるかないかですね。

また、35と50の数字については、水の容量となるため数字の小さいほうが小型化となります。

今回は、EE-RR35とEE-RR50を比較してみましょう。

品番EE-RR35EE-RR50
容量(L)2.23.0
消費電力(W)※305410
※消費電力は加湿のときのW数

スチーム式の場合、水を沸騰させ蒸気を作り出します。

また、水を沸騰させることは、消費電力を多く利用するため電気代が高くなります。

なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

ということは、水の容量が多いEE-RR50の方が、電気代が高くなりますね。

象印スチーム式加湿器は、他の加湿器に比べると電気代は、少々高いかもしれません。

しかし、フィルター交換も不要だし、お掃除も簡単にできる優れものです。

そう考えると、電気代とは別のコストが掛らないというのは、非常に魅力的ですよ。

なにわ主婦OL

なにわ主婦OL

このサイトを運営しているなにわ主婦OLと申します。
なにわ地方で共働きしながらトイプードルと暮らしています。
このサイトは、わたしが注目した旬のネタやお役立ち情報を集めて皆様にお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)