象印加湿器が販売終了なぜの疑問2022新型おすすめグレーはヤマダ電機で買えるの?音がずっとうるさいや電気代節約方法のまとめ

naniwa

乾燥する季節になると、潤い不足で肌荒れや喉の調子が悪くなりがちですね。

そんな時は、加湿器が大活躍です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん

加湿器を買おうと調べていますが、象印スチーム加湿器が販売終了になったってありましたが、なぜなのでしょう?

OLれん
OLれん

それは、象印スチーム加湿器が売れすぎて品薄になったことが原因なんですよ。

乾燥が酷くなる季節は、加湿器が必需品です。

加湿器というと、フィルター機能があるものを購入していましたが、手入れがとても面倒でした。

しかし、象印スチーム加湿器は、マホウビン型のためフィルター機能はありませんし、手入れがウルトラ簡単なんですよ。

この手入れが簡単っていうところが、人気爆発となり品薄となって販売終了といううわさが広がりました。

では、象印スチーム加湿器がなぜ販売終了と言われたのか?具体的なうわさの疑問と電気代の節約方法について詳しく紹介しますね。

象印スチーム加湿器は人気過ぎる!販売終了なぜの疑問を解決

2021年9月1日に最新モデルとして販売されたばかりなのに、突然の販売終了ってことでパニック状態でした。

私たちが購入を計画していたのは、2021年のクリスマスシーズンだったので販売してからまだ3ヶ月しかたっていないのになぜ販売停止ってあり得るの?と疑問だらけ。

そんな馬鹿な!って状態で、近所のジョーシン電機に象印のスチーム式加湿器を買いに行きました。

すると、在庫切れって言われました。

OLれん
OLれん

象印スチーム加湿器は本当に販売終了なの?

しかし、ヤマダ電機へ行く「象印スチーム加湿器は、数台の在庫はあります」と言われました。

確かに人気過ぎて品薄状態でしたが、販売終了ってことはありませんでした。

象印スチーム加湿器は、他の加湿器と違い、フィルターがありませんし、マホウビンのような使用のため手入れもとても簡単ですからね。。

そこが、画期的な商品で人気もありましたが、販売したばかりで終了っていうのは、違っていましたね。

2022年象印加湿器新型おすすめグレーの定価はどれぐらい?

象印スチーム式加湿器は、2022年の新型モデルは販売されていません。

現在は、2021年9月1日に最新モデルとして新たに発売されたものが、2022年も販売されています。

OLれん
OLれん

2020年の販売当初は、ホワイトのみの販売だったけど、新型モデルになってからグレーも販売されるようになったのよ!

じつは、品番が変わったのですが、性能は変わっていません。

では、2021年に発売された象印スチーム加湿器の主な性能と特徴をみてみましょう。

品番EE-RR35EE-RR50EE-DC35EE-DC50
容量(L)2.2334
カラーバリエーションホワイトホワイトグレー
ホワイト
グレー
ホワイト
消費電力(W) 加湿時305410305410
適用床面積の目安(畳)681013

その他、象印スチーム式加湿器の特徴

  • 蒸気のスチーム式
  • お手入れが簡単
  • チャイルドロック
  • ふた開閉ロック
  • 転倒湯もれ防止構造
  • 3段階自動加湿
  • 湿度モニター
  • 入、切デュアルタイマー
  • 沸騰音軽減
後輩ちゃん
後輩ちゃん

象印加湿器のグレーとホワイトの定価は同じなんですか?

OLれん
OLれん

はい。EE-DC35WAとEE-DC35HA、EE-DC50WAとEE-DC50HAは、色が違うだけで定価は同じですよ。

特に、楽天・Amazonなどから購入するとポイント付与があるので、少し安く購入することが出来たりしますね。

象印加湿器グレーはヤマダ電機やビッグカメラで販売されている?

後輩ちゃん
後輩ちゃん

象印加湿器のグレー色は、ヤマダ電機にも売ってるのかな?

ヤマダ電機のオンラインショップや楽天のヤマダ電機で象印加湿器グレーの在庫を確認してみると、ホワイトは販売していましたが、グレーは販売されていないようでした。

しかし、ヤマダ電機の実店舗では、在庫があるあったので、実店舗で購入するのもいいかもしれませんね。

その他、ビッグカメラやヨドバシの場合もオンラインショップでも取り扱いがありますし、実店舗もあるので、在庫があれば即日購入は可能ですよ。

OLれん
OLれん

お買い物のついでに実店舗のヤマダ電機へ在庫確認をするのもいいかもしれませんよ。

在庫確認が面倒ならば、ネットショッピングで!

象印スチーム加湿器はずっとうるさいことはない!

後輩ちゃん
後輩ちゃん

口コミをみたのですが、象印スチーム加湿器が、ずっとうるさいって本当ですか?

象印スチーム加湿器は、お水を沸騰させているときは、音がうるさいこともあります。

音のレベルでいうと、ポットが沸騰するときに出す音と同じくらいです。

また、お水が沸騰すればそれほど気になる音ではありません。

どうしても、音が気になる場合は、湯沸かし音セーブという機能がありますので、こちらを利用するといいですよ。

象印スチーム加湿器電気代の節約方法

象印のスチーム式加湿器は、電気代が掛かるといわれています。

今回は、水量が2.2L入る電気代と3L入る電気代を比較しました。

水の容量(L)運転の強さ1時間に発生電気代(円)
2.28
3.011

※電気代は1kWh当たり27円を基に算出 参照:象印FAQ

2.2Lの象印スチーム式加湿器を1ヶ月30日として24時間で利用していた場合の電気代は、およそ5,760円ですね。

これは、1日中象印のスチーム式加湿器の運転を「」で24時間つけっぱなしにすると電気代が高くなります。

しかし、象印のスチーム式加湿器の運転を「」にして、適切な湿度を湿度を保ち、寒さを感じたらホットカーペットを利用するなど、他の暖房器具を利用することで電気代が安くなります。

室内の適切な湿度は40〜60%です。

また、象印のスチーム式加湿器に水をプラスするときは、ぬるま湯を利用すると節約につながります。

その理由は、ぬるま湯だと、沸騰させる時間が短くなり、消費電力を抑えることができるため、電気代を節約することが可能です。

象印のスチーム式加湿器に熱湯を入れると故障の原因になりますので注意しましょう。

そして、人気の秘密は手軽にお手入れができる!というのが最大の特徴ですね。

従来の加湿器のようにフィルターがありません。

ポットのような、広口容器のため水も注ぎやすく、水垢もふき取るだけ。

定期的に、クエン酸を利用してつけ置きすれば、いつまでも清潔な状態で利用することが可能です。

象印スチーム加湿器は、フィルター交換不要でお手入れも簡単ということが大人気の秘密でした。

あまりにも人気過ぎて、販売終了のなんていう噂も出てしまったようです。

空気の乾燥が激しい時期は、是非象印スチーム加湿器をご利用くださいね。

タイトルとURLをコピーしました